--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-11-12

労災保険 労災

仕事中(業務上)や通勤途上に起こった事故で病気やケガをした場合は、労災保険の給付対象となり、健康保健などは使えません。判断が難しい場合は、近くの労働基準監督署へ相談しましょう。

労災保険 労災

労災保険は、業務上や通勤途上の災害等による病気やケガなどをカバーする制度であるのに対し、健康保険は、業務外の病気やケガなどをカバーする制度であるという違いがあります。労災保険は、事業所単位で加入します。

労災保険とは、仕事中(業務上)や通勤途上に起こった事故で病気やケガをした場合などについて、給付が行われる制度をいいます。労災保険では、「業務上、通勤途上の事由による病気やケガである」ことが必要であり、また、労働基準監督署長に認定されることが必要となってきます。

仕事中(業務上)や通勤途上の病気・ケガの場合はまずは労災保険に該当するかどうかの判断が必要となります。労働者を1人でも雇っている事業主は、原則として、労災保険に加入しなければなりません(強制加入)。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。